崎陽軒万歳!

2018/6/19

新幹線に乗るとだいたい手が出てしまう崎陽軒のシウマイ弁当。

なんだかとても無駄がないのです。

まるで古典落語のよう。

最近新作落語の会に出させて頂くようになって、何本か作ってるうちに似たような作りになってきてるなとつくづく思う今日この頃。

古典落語の素晴らしさというのは、1つの噺が沢山の先人の手が入ってるので、こう複雑なんです。でも、無駄がないのです。

僕の思うシウマイ弁当はそんな感じなのです。

早速買ってしまいました。

新幹線に座っていきなりいきます。お弁当のタイミングは人それぞれですが、あたくしはいきなりシウマイ弁当です!

どっかで聞いたことあるぞ。

はい、東京バージョンです。

蓋開けてもすぐには見せない。

このすぐには見せないところが心をくすぐる。

じゃーん。ようやく出会えました。

料亭の小上がりの後、襖を開けると庭付きの部屋が!みたいな。

でも、いきなり食べません。

醤油にからし。

ここにこだわりが。

醤油の容器をシウマイに刺して抜きながら醤油を入れてくんです。

この後にからし。

完成!

やはりシウマイ弁当です。

何か攻めるか…人それぞれ。

完食!

箸を折らずに箱の中へ

元どおり 笑

シウマイ弁当はさらに足もとに置くと…

足置きになります。

靴脱いでリラックスできます。

さ、新横浜です。

おやすみなさい。

前の日記 «
» 次の日記



Comments are closed.